北九州で26本運休停電の犯人は「ナメクジ」だった…ネットの声は

国内ニュース
By: tkaige
  • 北九州市内のJR鹿児島線と日豊線で、上下線26本が運休するトラブル
  • 5月30日に停電が発生し、JR九州は原因はナメクジだったと特定した
  • 電力設備内に迷い込んだ1匹のナメクジが感電し、機器がショートした

このニュースの要約

JR九州によると、停電は午前9時40分すぎから約1時間、鹿児島線の門司‐スペースワールド間と日豊線の小倉‐城野間で発生。
運休と遅延で約1万2000人に影響が出た。
夕方、鹿児島線の小倉‐門司間の線路脇にある「負荷断路器」と呼ばれる電力設備の中で、感電したとみられるナメクジが見つかった。

このニュースに対するみんなの反応

コメント