大阪吹田市で刺され意識不明の重体…胸を刺された古瀬鈴之佑巡査を心配する声

古瀬鈴之佑巡査 国内ニュース
  • 大阪 吹田市の交番前で26歳の男性巡査が男に包丁で胸を刺され、意識不明の重体
  • 左胸に包丁が刺さった状態で倒れているのを、近くの駅の駅員が見つけた
  • 巡査が所持していた5発の弾が入った拳銃が強奪防止用の金具のフックが外され、奪われた
エラー|NHK NEWS WEB

このニュースの要約

16日午前5時半ごろ、大阪 吹田市の千里山交番前の路上で、古瀬鈴之佑巡査(26)が左胸に包丁が刺さった状態で倒れているのを、近くの駅の駅員が見つけました。

古瀬巡査は病院に搬送されましたが、体を複数箇所刺され、意識不明の重体だということです。

また警察によりますと、巡査が所持していた5発の弾が入った拳銃が強奪防止用の金具のフックが外され、奪われたということです。

目撃した22歳の男子大学生

警察官が倒れているのを目撃した22歳の男子大学生は「散歩の途中で交番前を通りかかったら、警察官が倒れていて近くに警察官が乗るバイクが倒れていました。刺された人は出血がひどく、周りにいる警察官の1人が声をかけながら手当てをしていて、もう1人が事件の連絡をしているようでした。駅に来るまでは、人通りなどもふだんの日曜日の朝と変わらなかったので、本当に驚きました」と話していました。

目撃したという20代の男性

刺された警察官を目撃したという20代の男性は「通勤で千里山駅に到着すると警察官と救急隊の人がいて、人が倒れているのが見えた。最初は一般の人だと思ったが、あとから警察官だと聞いて驚いた」と話しています。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/U2NbpIHm88Yvnz1/status/1140095306287071232


https://twitter.com/11_hurricane/status/1140090181652897792

コメント