堺あおり運転殺人は2審も殺人罪適用で懲役16年…みんなの反応は

国内ニュース
By: Masaru Kamikura
  • 乗用車であおり運転した後にバイクに追突し、男子大学生を死亡させたとした事件
  • 殺人罪に問われた元警備員、中村精寛被告の控訴審判決公判が11日、大阪高裁で開かれた
  • 樋口裕晃裁判長は懲役16年とした1審大阪地裁堺支部判決を支持し、弁護側の控訴を棄却
堺あおり運転 2審も殺人罪適用 弁護側の控訴を棄却
堺市で昨年7月、乗用車であおり運転した後にバイクに追突し、男子大学生を死亡させたとして、殺人罪に問われた元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(41)の控訴審判決公…

このニュースの要約

堺市で昨年7月、乗用車であおり運転した後にバイクに追突し、男子大学生を死亡させたとして、殺人罪に問われた元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(41)の控訴審判決公判が11日、大阪高裁で開かれた。樋口裕晃裁判長は懲役16年とした1審大阪地裁堺支部判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

 控訴審で、弁護側はブレーキ操作を誤ったことによる事故だったとして殺人罪は成立しないと主張。検察側は控訴棄却を求めていた。あおり運転をめぐり殺人罪で立件するのは異例で、殺意の有無が争点だった。

このニュースに対するみんなの反応

コメント