HIV感染で内定取り消しは違法 法人に賠償命令…みんなの反応は

国内ニュース
By: Ryosuke Sekido
  • HIVへの感染を告げなかったことを理由に就職の内定を不当に取り消された裁判
  • 内定を不当に取り消されたとして、北海道の男性が内定先だった社会福祉法人を訴えた
  • 札幌地方裁判所は「周囲に感染する危険は小さく、感染の事実を告げる義務はない」と認めた

このニュースの要約

北海道に住む30代の男性は、去年、ソーシャルワーカーとして病院への就職が内定したあと、過去のカルテを無断で見られてHIVへの感染を知られ、面接で告げなかったことを理由に内定を取り消されたとして、病院を運営する札幌市の社会福祉法人「北海道社会事業協会」に慰謝料など330万円の賠償を求めていました。

17日の判決で、札幌地方裁判所の武藤貴明裁判長は「HIVは極めて例外的な状況においてのみ感染が想定されるもので、原告の男性についても主治医の所見などから、周囲に感染する危険は無視できるほど小さい。採用面接で感染の事実を告げる義務はなく内定の取り消しは違法だ」と認めました。

このニュースに対するみんなの反応

コメント