6万円を貸した男性は埼玉の医師…「信じて良かった」感涙の涙にネットも涙

国内ニュース
By: Ryo FUKAsawa
  • 沖縄工業高校生が、財布をなくして困っていた時に、お金を貸してくれた見ず知らずの男性を捜していた件
  • 男性は埼玉県のイムス三芳総合病院で勤める脳卒中神経内視鏡センター長の猪野屋博医師(68)
  • ネットニュースを読んだ同じ病院の医師から伝えられた
「信じて良かった…」6万円を貸した男性は埼玉の医師 捜していることを知り感激の涙 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 沖縄県立沖縄工業高校2年の崎元颯馬(そうま)さん(17)が、財布をなくして困っていた時に、お金を貸してくれた見ず知らずの男性を捜していた件で、10日午前、本紙などの記事を見た本人から同校に連絡があった。男性は埼玉県のイムス三芳総合病院で勤める脳卒中神経内視鏡センター長の猪野屋博医師(68)。

このニュースの要約

母親が沖縄出身で、息子らも県内に住み、たびたび来県する猪野屋さん。20日から沖縄を訪れ、滞在中に崎元さんや学校関係者と面談する予定。「感謝の気持ちを伝えたい」と話す崎元さんは、直接会ってお金を返し、「工業高校生らしく自作の品もプレゼントしたい」と再会を心待ちにしている。

2人の「出会い」は4月24日の早朝。崎元さんは伯父の葬儀で与那国島へ向かうため那覇空港に向かっていたが、航空券代が入った財布をなくし途方に暮れていた。沖縄都市モノレールに同乗していた猪野屋さんは、うなだれている崎元さんに「どうしたんだ」と声を掛け、事情を知った。

このニュースに対するみんなの反応

コメント