南海トラフ地震発生の可能性は「高まっていない」…ネットの反応は

国内ニュース
By: Archey Firefly
  • 今月10日に宮崎県で震度5弱を観測した地震の震源となった日向灘を含む南海トラフ沿いの地震活動
  • 地震の専門家会議は、南海トラフ沿いで巨大地震が発生する可能性が普段に比べて高まっている兆候はみられないとする評価
  • 気象庁は、地震活動を今後も注意深く監視を続ける方針です
TBS NEWS 動画ニュースサイト
TBSの動画ニュースサイトTBS NEWSです。

このニュースの要約

気象庁では13日、南海トラフ沿いの地震活動について評価を行う「南海トラフ地震評価検討会」の定例会合が開かれました。
会合では、今月10日に宮崎県で最大震度5弱を観測するなど、南海トラフの西の端に位置する日向灘を震源とする地震活動についても検討を行い、その結果、「現在のところ、南海トラフ沿いで巨大地震が発生する可能性が普段に比べて高まっていると考えられる特段の変化は観測されていない」との評価を発表しました。

「日本中どこかでひと月に1回ぐらい起きている地震が日向灘で起きたということなので、この地震によるプレートの固着状態への影響というのは大きくないだろうというのが最終的な評価です」(南海トラフ地震評価検討会 平田直会長)

このニュースに対するみんなの反応

コメント