一般的な対策通じない「一種のテロ」…川崎登戸殺傷事件に専門家が指摘

国内ニュース
By: GEEK KAZU
  • 2人が死亡した川崎登戸で起きた児童らの殺傷事件
  • 犯罪学の専門家は「一種のテロ」と指摘
  • 「最後に死を遂げたいという動機がうかがえ、一種のテロだと考える」と述べました

このニュースの要約

事件について、犯罪学が専門で立正大学の小宮信夫教授は「事件の様子からすると、大阪教育大学附属池田小学校事件と秋葉原の通り魔事件を合わせたような事件だと感じている。社会に復しゅうするために多くの子どもを襲い、最後に死を遂げたいという動機がうかがえ、一種のテロだと考える」と述べました。
そのうえで、小宮教授は「これまで一般的な対策として防犯教育やパトロールなどが行われているが、それをはるかに超える次元の犯罪だ」と分析しています。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/_______amnrk11/status/1133595901027467264

コメント