東電旧経営陣3人に無罪…東京地裁の判決結果にみんなの反応は

国内ニュース
By: midorisyu
  • 福島第一原発の事故を巡り、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された東京電力の旧経営陣3人
  • 緊張した面持ちで証言台の前に立った3人は、無罪が言い渡されると、前をじっと向いていた
  • 判決の言い渡しの瞬間、傍聴席からは「えー」というどよめきの声が出ていた

このニュースの要約

福島第一原発の事故を巡り、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された東京電力の旧経営陣3人の裁判で、東京地裁は3人に対して無罪を言い渡した。

緊張した面持ちで証言台の前に立った3人は、無罪が言い渡されると、前をじっと向いていた。判決の言い渡しの瞬間、傍聴席からは「えー」というどよめきの声が出ていた。

東京電力元会長の勝俣恒久被告、元副社長の武黒一郎被告、元副社長の武藤栄被告の3人は、福島第一原発の事故を巡り、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴されている。

このニュースに対するみんなの反応

コメント

  1. 安部政権は、お願いした3人全員の学者に違憲と言われた安保法案も通しました。それでも政権は倒れないどころか、ますます元気です。国民は、法治国家であることを望んでいないので、常識では当然の有罪しか考えられない東電の幹部も、その国民の気持ちに沿った判決になったのだと思います。この結果を受けて、日本がマヒする様なデモが起きる心配はみじんもありません。

    福島原発の事故処理がのらりくらりとしているのは、これも国民の総意です。端から技術的に世界中で誰もできない「放射能の処理」が恰もできるかの如く語り、事故現場と周辺の汚染を拡大するだけの意味しかない「最終処分地は福島県外」などと言う、途方もない事を延々と言い続けても誰も責めません。

    日本は終わってます。