「同意があった」と罪状を否認…新井浩文被告にみんなの反応は

「同意があった」と罪状を否認…新井浩文被告にみんなの反応は 国内ニュース
  • 新井浩文被告が、セラピストの女性に性的な暴行をした罪に問われている事件
  • 新井被告は、被害者への謝罪のことばを述べた後、起訴された内容を否認した
  • <「暴力は一切やっていません。同意があったと思っています」と述べた/li>
「同意があった」と否認 俳優 新井浩文被告 初公判 | NHKニュース
俳優の新井浩文被告が、セラピストの女性に性的な暴行をした罪に問われている事件の初公判が東京地方裁判所で開かれ、新井被告は…

このニュースの要約

俳優の新井浩文被告が、セラピストの女性に性的な暴行をした罪に問われている事件の初公判が東京地方裁判所で開かれ、新井被告は、被害者への謝罪のことばを述べた後「暴力は一切やっていません。同意があったと思っています」と述べて、起訴された内容を否認しました。

俳優の新井浩文被告(40)は、去年7月、東京 世田谷区の自宅マンションで、派遣型のエステ店で働く30代の女性セラピストに性的な暴行をした罪に問われています。

2日、東京地方裁判所で初公判が開かれ、新井被告は黒いスーツ姿で、傍聴席に向かって一礼してから法廷に入りました。

裁判の冒頭で新井被告は「まず、謝罪のことばを言いたいと思います。本当にすみませんでした」と被害者への謝罪のことばを述べました。

そのうえで「暴力は一切やっていません。同意があったと思っています」と述べて、起訴された内容を否認しました。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/dpl27er/status/1168286404717072384

コメント