反省どころか辞める気ゼロ…国母被告大麻は「14歳ころから」起訴事実認める

国内ニュース
  • 米国から大麻を密輸したとして大麻取締法違反などの罪で起訴された元五輪代表の国母和宏被告
  • 職業を問われて「スノーボーダーです」と返答。「起訴事実に間違いありません」と認めた
  • 今後の大麻との関わりを問われて「大麻と関わることがすべて違法なこととは思えない」と話す
国母被告 大麻は「14歳ころから」起訴事実認める 東京地裁で初公判(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
米国から大麻を密輸したとして大麻取締法違反などの罪で起訴された元五輪代表のプロスノーボーダー、国母和宏被告(31)の初公判が8日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役3年を求刑した。 国母被告は、パーマを - Yahoo!ニュース(デイリースポーツ)

このニュースの要約

裁判官に対して「今後違法なことはしないつもり」と話したが、今後の大麻との関わりを問われて「大麻と関わることがすべて違法なこととは思えない」と話す。さらに、一切やめるのかという問いには、少し考えて「うーん、いろいろ勉強して…」と話すにとどまった。その上で、「ご迷惑をかけて深く反省しています。本当に申し訳ないと思っています」と謝罪した。

このニュースに対するみんなの反応

コメント