山梨大救急医が的確な判断で国内初の新型コロナ髄膜炎を対処

コロナウイルス 新型肺炎 国内ニュース
山梨大救急医が的確な判断 国内初の新型コロナ髄膜炎
国内で初めて新型コロナウイルスによる髄膜炎を確認した山梨大付属病院(山梨県中央市)。重症となっている20代男性会社員に脳脊髄液のPCR検査を行ったのは、最初に診…

このニュースの要約

国内で初めて新型コロナウイルスによる髄膜炎を確認した山梨大付属病院(山梨県中央市)。重症となっている20代男性会社員に脳脊髄液のPCR検査を行ったのは、最初に診察した救急医の的確な判断だった。

 7日深夜に緊急記者会見した山梨大の島田真路学長や木内博之脳神経外科長らによると、男性は6日午後に救急搬送されてきた。出勤しないのを不審に思った職場が家族に連絡。警察官とともに部屋に入ったところ倒れていたという。

 男性は意識障害や首の後ろの硬直があったため、救急医が新型コロナによる髄膜炎の可能性を疑い、病院独自で髄液のPCR検査を行ったところ、7日に陽性が確認された。山梨大病院では山梨県衛生環境研究所への依頼だけでなく、病院に検査態勢を整えていた。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/8XxQGXrJwhplS24/status/1236566195827904512
https://twitter.com/aporingyo/status/1236567299726790657
https://twitter.com/Flower_ran_no/status/1236546757284130818

コメント