鬼畜の所業でたったの13年…目黒虐待死の東京地裁に批判の声

国内ニュース
  • 東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が両親の虐待の末に死亡した事件の裁判員裁判
  • 東京地裁は15日、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告に懲役13年判決
  • 裁判長は「しつけという観点からかけ離れ、感情に任せて行われた理不尽なものだった」と述べた
表示できません - Yahoo!ニュース

このニュースの要約

東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が両親の虐待の末に死亡した事件の裁判員裁判で、東京地裁は15日、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34)に懲役13年(求刑・懲役18年)の判決を言い渡した。守下実裁判長は虐待について「しつけという観点からかけ離れ、感情に任せて行われた理不尽なものだった」と述べた。

このニュースに対するみんなの反応

コメント