「出動手当が欲しかった」11棟全焼放火容疑で逮捕の消防団員にみんなの反応は

国内ニュース
By: Tatsuo Yamashita
  • 2018年7月、奄美大島の龍郷町で住宅などあわせて11棟が全焼した火事で、放火の疑いで逮捕
  • 男は「消防団の出動手当がほしかった」と容疑を認めているということです
  • 自宅近くの空き家に侵入し火をつけて、住宅などあわせて11棟と軽自動車1台を焼いた疑い
11棟全焼 放火容疑で逮捕の消防団員「出動手当が欲しかった」(KTS鹿児島テレビ) - Yahoo!ニュース
2018年7月、奄美大島の龍郷町で住宅などあわせて11棟が全焼した火事で、30歳の消防団員の男が25日、放火の疑いで逮捕されました。男は「消防団の出動手当がほしかった」と容疑を認めているということで - Yahoo!ニュース(KTS鹿児島テレビ)

このニュースの要約

現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、鹿児島県龍郷町嘉渡の建設作業員、松元裕太容疑者(30)です。

警察によりますと、松元容疑者は2018年7月19日午前2時ごろ、自宅近くの空き家に侵入し火をつけて、住宅などあわせて11棟と軽自動車1台を焼いた疑いが持たれています。

松元容疑者は地元の消防団に所属していて、警察の調べに対して「消防団の出動手当がほしかった」と容疑を認めているということです。

松元容疑者は第一発見者として自ら消防に通報し、消火活動にもあたっていたということです。

このニュースに対するみんなの反応

コメント