近隣トラブルもあった…川崎市登戸殺傷事件の岩崎隆一容疑者にネットの声は

死傷事件岩崎隆一容疑者、近隣トラブルも 川崎市内に住む51歳 国内ニュース
  • 川崎市多摩区登戸新町の路上で小学6年の女児と外務省職員の男性が刺されて死亡した事件
  • 事件後に自分の首を包丁で切って死亡した岩崎隆一容疑者(51)
  • 近所の男性によると、岩崎容疑者は幼い頃に親族に引き取られ、地元の小中学校に通ったという

このニュースの要約

近所の男性(55)によると、岩崎容疑者は幼い頃に親族に引き取られ、地元の小中学校に通った。その頃は同居するいとこと遊ぶ様子を見かけたが、大人になってからはほとんど姿を見なくなった。

中学の同級生だったという同区内の男性は、岩崎容疑者について、おとなしい印象だけが残っているという。乱暴な様子もなく、クラスでは目立たない存在だった。「卒業後の同窓会に顔を出すこともなく、接点はなかった」と話す。

近くに住む40代の女性によると、岩崎容疑者は1年ほど前、女性宅から道路にはみ出していた木の枝にぶつかったとして、早朝に文句を言いに来たことがあった。対応した夫に、終始怒鳴り続けていたという。

その後に姿を見ることはなかったが、28日朝、最寄り駅の方に走って家を出ていくのを見た。黒っぽい服装に黒のリュックを背負っていた。その際、女性に向かって「おはようございます」とあいさつしたという。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/chun_world/status/1133336543416934400

コメント

  1. 近親相姦のしすぎで、DNAがかなり破壊されている韓国人独特の精神病を思い出した。

    火病。自殺したそうだが、無辜の殺人をしないで行って欲しかった。
    川崎では異常な事件が多発している。かみそん君惨殺事件・老人ホーム、入居者連続殺人事件・女子高生強姦殺人事件・・まだまだあるだろう。

    縄文日本人の激減で、入れ替わるように増え続けている中国人・韓国人・他の外国人。
    川崎だけの問題ではない。日本全土で起き続けている「人種の入れ替え」

    本来の日本人の人口減少は、こうも恐ろしいものか。
    何が悪いのか・・人種の入れ替えが悪いのか、それとも戦後の教育が悪すぎたのか、
    戦前と戦後であまりに違いすぎる気がしている。