「玄倉川水難事故」と同じ日付、人数…車が水没バーベキューの18人が渓谷で孤立

国内ニュース
By: fujitariuji
  • 14日夕方、大分県玖珠町の渓谷付近で、バーベキューに来ていた18人のグループが孤立
  • 「車が水没して動かなくなった。助けてほしい」と消防に通報があった
  • グループとは電話で連絡が取れていて、今のところけが人はいないという
バーベキューの18人が渓谷で孤立か「車が水没」 大分 玖珠町 | NHKニュース
14日夕方、大分県玖珠町の渓谷付近で、バーベキューに来ていた18人のグループから「車が水没して動かなくなった。助けてほし…

このニュースの要約

14日午後4時半ごろ、大分県玖珠町の大谷渓谷付近でバーベキューに来ていた18人のグループから、「車が水没して動かなくなった。助けてほしい」と消防に通報がありました。

警察と消防によりますと、このグループは大人7人、子ども11人で、中には生後5か月の赤ちゃんもいて、車6台に分乗して移動中に周囲が水没したため身動きが取れなくなったということです。

グループは、その後、比較的高い場所に避難してテントの中に入り、今のところ全員けがはなく無事だということです。

ちょうど同じ日付、人数で起きた「玄倉川水難事故」

玄倉川水難事故 - Wikipedia

玄倉川水難事故(くろくらがわすいなんじこ)は、1999年8月14日に神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川で発生した水難事故。
1999年8月13日より玄倉川の中州でキャンプをしていた横浜市内の廃棄物処理会社に勤める男性社員たち、子供6人を含む彼らの家族、さらに社員の婚約者・女友達を含む18人が、翌日の熱帯低気圧の大雨による増水によって流され、社員5名と妻2名、1歳から9歳の子供4名、社員が連れてきた女性2名を含む計13名が死亡した。

このニュースに対するみんなの反応

コメント