吉本聴取前にノーギャラの打ち合わせか…深い闇営業問題にネットの反応は

吉本が闇営業問題で宮迫博之ら芸人11人を謹慎処分…ネットの反応は 芸能ニュース
  • 問題視された闇営業、仲介役だったカラテカの入江慎也(42)を中心に、参加した芸人たち
  • 金銭の授受に関して、事前に打ち合わせをして事情聴取に臨んでいたとみられることが分かった
  • 芸人仲間ら100人近くを対象に、約1カ月をかけて徹底的に調査したという

このニュースの要約

今回の問題は今月7日、写真誌「フライデー」の報道で明るみに出たが、吉本は同誌からの問い合わせを受けて、同誌が報じた14年12月の詐欺グループの忘年会に出席した宮迫博之(49)と田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウ福島善成(41)らから事情聴取を行った。

芸人仲間は「5年前の出来事で記憶が曖昧な部分が多かった。ただ、ギャラに関しては全員が“受け取っていない”認識だったと会社側に最初説明したようです」と話す。

このニュースに対するみんなの反応

コメント