池江璃花子選手が芸人なべおさみののトンデモ療法落ちか…みんなの反応は

池江璃花子選手が芸人なべおさみののトンデモ療法落ちか…みんなの反応は 芸能ニュース
  • 白血病で闘病中の池江璃花子(19)と芸人・いう(80)が”親しく”付き合っている
  • 週刊新潮によれば、なべは「『施術』と称して、がん患者などに『気』を送り命を助けてきたという
  • 「池江選手も多額の費用を払って相談にのって貰っているそうです」(池江を知る関係者)
『池江璃花子』なべおさみのインチキがん療法なんかに騙されるな!口はうまいし優しいオジサン風だが、その本性は・・・
週刊新潮の目次を見て、一瞬、目を疑った。白血病で闘病中の池江璃花子(19)と、評判極めて芳しくない芸人・なべおさみ(80)が

このニュースの要約

週刊新潮によれば、なべは<「以前から『施術』と称して、がん患者などに『気』を送り命を助けてきたと周囲に話していた。
それが芸能界を中心に口コミで広まり、池江選手も多額の費用を払って相談にのって貰っているそうです」(池江を知る関係者)>

池江の母親が知人を介して面識を持ったそうである。
近隣住民にも「私は会って話をすれば、その人の体調や性格が分かる才能を持っている」といっているそうだが、私のような編集者だって、会って話せば相手の体調や性格はそれなりに分かる。

なべによると、胃の摘出手術をした王貞治が相談に来て、手を握ってあげたら、余命の終わりが近付いていると分かったので、救ってあげたと自分の本に書いているそうである。
よくある話だが、こうした怪しげな民間療法に頼ってしまったために、助かる命を失ってしまったケースがある。

池江の場合は抗がん剤治療が順調で、8月にはディズニーランドに行くこともできたと、自らSNSにその時の写真を投稿しているぐらいだから、なべの気やパワーなど必要ないはずだ。
写真を見る限り、池江は元気そうだ。

吉本興業入りをしたと明かしたなべは、口はうまいし、一見、優しいオジサン風だが、今は知らないが、かつてはヤクザとの付き合いも深かった人間である。
池江も深入りしないほうがいい。

このニュースに対するみんなの反応

コメント