コメントが的確すぎる…少年ユーチューバーに向けた須藤理彩の訴えに賞賛の声

須藤理彩、10歳ユーチューバーへ「やりたくないことをやってくれる人がいる」 テレビ
  • 女優の須藤理彩が15日、日本テレビ系「スッキリ」に出演
  • 10歳ユーチューバーのゆたぼんについての特集で、自身の娘も一時不登校となった体験を明かした
  • ゆたぼんへ「やりたくないこともやってくれてるからと教えることが親の務め」と訴えた
須藤理彩、10歳ユーチューバーへ「やりたくないことをやってくれる人がいる」/デイリースポーツ online
情報満載デイリースポーツ/須藤理彩、10歳ユーチューバーへ「やりたくないことをやってくれる人がいる」

このニュースの要約

番組では「少年革命家ゆたぼん」としてYouTubeで活躍している10歳のゆたぼんこと、中村逞那(ゆたか)君を特集。
ゆたぼんは、教師から理不尽な扱いを受けたことから不登校となり、現在は行きたい時だけ学校に行くという生活を送っていると紹介された。

須藤は「不登校に理由があれば、それはいいと思う。それぞれの選択」と前置きした上で「ただ、1人の人が自分のやりたいことだけをやり、やりたくないことをやらなくていいじゃん、という社会になって、全員がそうなれば社会がおかしくなってくる」と指摘。

そして「彼が自由でいられるのは、誰かいろんな人が、人のやりたくないこともやってくれてるから、何の不自由もなくやっていけてると教えることが親の務めだと思っていて」と語った。

このニュースに対するみんなの反応

コメント