吉本が闇営業問題で宮迫博之ら芸人11人を謹慎処分…ネットの反応は

吉本が闇営業問題で宮迫博之ら芸人11人を謹慎処分…ネットの反応は 芸能ニュース
  • 事務所を通さずに仕事をする“闇営業”を詐欺グループとの間で行った問題
  • 吉本興業が雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属芸人11人を謹慎処分
  • 受け取っていないとしていたギャラについて、受け取った事実があったと同社が判断した

このニュースの要約

対象は2014年12月に詐欺グループの忘年会に参加した宮迫、田村、HG、ガリットチュウ福島善成(41)の4人と、詐欺グループの別の誕生会に参加した、くまだまさし(45)ムーディ勝山(39)天津・木村卓寛(43)ら。
数年前の出来事で記憶に曖昧な点も多く、事実関係を確認するため同社で複数回のヒアリングを行う中で金銭の授受が発覚した。

あくまで入江を窓口にした闇営業で「詐欺グループであることは全く知らなかった」と話しているという。
11人は当初のヒアリングで「詐欺グループであることは知らなかった。ギャラも受け取っていない」と説明しており、厳重注意処分となっていた。

このニュースに対するみんなの反応

コメント