がんの手術を受けることを告白…高須院長に心配の声が相次ぐ

“全身がん”高須院長が29日に入院、手術へ 芸能ニュース
  • 美容外科、高須クリニックの高須克弥院長(74)が27日、自身のツイッターを更新
  • 29日から入院し、がんの手術を受けることを明かした
  • 「明後日から入院して癌手術受けるって言いにくい雰囲気なう」と明かした

このニュースの要約

「高須病院の新人たち元気いっぱいだ!」とつづった上で、「かっちゃんも元気いっぱい…明後日から入院して癌手術受けるって言いにくい雰囲気なう」と明かした。

高須氏は2017年5月のツイートで過去に膀胱がんの手術を受けたことを明かしていたが、18年9月にツイッターで「何カ所も癌があります。樹木希林さんと似たようなものです」と同月に死去した女優、樹木希林さん(享年75)が告白した“全身がん”に近い状態だと明言している。

「全身がん」公表の高須院長が“保証のない”治療を選んだ覚悟と事実婚を選んだワケ
「僕も裏口入学だよ」「法的に争うと?上等です。受けて立ちます」今、彼がSNSでつぶやけば、その過激な発言で世間をざわつかせる。その人物は、日本美容外科における第一人者、高須クリニック院長・高須克弥氏(73)。SNSで世間に毎日メスを入れ続け、注目を浴びる彼がこれまで明かしてこなかった真相に迫る。ある日、番組MCの坂上忍

このニュースに対するみんなの反応

コメント