モスクワの空港で旅客機が炎上…41人が死亡したロシアの事故が怖すぎる

モスクワの空港で旅客機炎上 13人死亡 海外ニュース
  • ロシアの首都モスクワの空港で5日、国内線旅客機が炎に包まれた状態で緊急着陸
  • 捜査当局は41人が死亡したと発表しています
  • 国営タス(TASS)通信が事故調査当局の話として伝えた
モスクワの空港で旅客機炎上、41人が死亡
 ロシアの首都モスクワで78人が乗った旅客機が緊急着陸し、炎上しました。捜査当局は41人が死亡したと発表しています。  激しい炎と黒い煙をあげながら滑走路を走る旅客機。ロシアメディアによりますと、モスクワで5日、78人を乗せたアエロフロートの国内線の旅客機が、離陸後に緊急事態が発生したためモスクワの空港に引き返しました

このニュースの要約

ロシアのテレビ局の映像には、機体から大きな黒煙が立ち上る様子が捉えられている。
ソーシャルメディアに投稿された映像では、燃え上がった状態の同機が着陸を試み、その後、乗客らが前方の扉から出る様子が映し出されている

このニュースに対するみんなの反応

コメント