大量破壊兵器関連物資を韓国企業がイラン、シリア等へ不正輸出…みんなの声は

大量破壊兵器関連物資を韓国企業がイラン、シリア等へ不正輸出…みんなの声は 海外ニュース
By: Benny Han
  • 北朝鮮の友好国に不正輸出したとして、韓国政府が複数の韓国企業を行政処分していた
  • 生物・化学兵器を含む大量破壊兵器製造に転用可能な物資をシリアやイランなどに不正輸出
  • 韓国における戦略物資の不正な国際流通に対する甘い認識を浮き彫りにした格好だ
韓国企業がイラン、シリアへ不正輸出 大量破壊兵器関連物資 国際管理に抵触
生物・化学兵器を含む大量破壊兵器製造に転用可能な物資をシリアやイランなど北朝鮮の友好国に不正輸出したとして、韓国政府が複数の韓国企業を行政処分していたことが10…

このニュースの要約

政府関係者によると不正輸出企業への行政処分の状況は、韓国で貿易管理を担当する産業通商資源省が作成した「戦略物資無許可輸出摘発現況」で判明した。

文書には2016年1月から今年3月までの間に142件が処分対象となった事実が記載されている。

北朝鮮との友好関係にある国々への主な不正輸出では、化学兵器原料に転用できる「ジイソプロピルアミン」がパキスタンに、サリン原料の「フッ化ナトリウム」がイランに、生物兵器製造に転用可能な「生物安全キャビネット」がシリアに、致死性ガス原料の「シアン化ナトリウム」が赤道ギニアに-といった事例が明記されている。

このニュースに対するみんなの反応

コメント