100万人以上のウイグル人が「強制収容所」で不当に拘束…ネットでは

海外ニュース
By: Tomas Roggero
  • 100万人以上のウイグル人が「強制収容所」で不当に拘束されているとされる中国新疆ウイグル自治区の現状
  • 在日ウイグル人が海外報道や関係者証言を集計したところ「施設内の死者は100人を超える」との情報も
  • 「中国当局は中国人と違う文化を消し、われわれを中国人にしようと狙っている」と絶望感を強める

このニュースの要約

2009年にイスラム教徒の少数民族ウイグル族と漢族が衝突し、多数の死傷者が出たウルムチ騒乱から10年を迎え、明治大(東京都千代田区)でウイグル人の証言を聞く集会があった。
インターネットを通じて映像で登場した米国在住のウイグル人女性、メヒルグル・トゥルスンさん(29)は15年、滞在先のエジプトから生後45日の三つ子とともに里帰りした際、ウルムチ空港で突然拘束された。子供と引き離され、強制収容された。

「暴力や電気ショックを受け意識を失い、注射や正体不明の薬を投与され、記憶力がなくなった。施設内で9人の女性が死亡したのを目の当たりにした。子供が重体と言われて仮釈放された際、三つ子のうち一人は遺体で引き渡された」。
18年まで計3回収容されたが、子供がエジプト国籍だったため同国政府の働き掛けで奇跡的に出国できた。

このニュースに対するみんなの反応

コメント