ホテル清掃員だった女性が使用済みコンドームで養育費2億円をゲット

海外ニュース
By: Bev Sykes
  • アメリカの裁判所が28歳の億万長者の男性に対し「子どもの養育費」として200万ドル(約2億1810万円)の支払い
  • 女性は、男性とセックスしことがないと公言すると共に、男性の子どもを出産した経緯を赤裸々に語った
  • 清掃作業中に使用済みコンドームに入った精液を自分の膣に流し込んだことを明らかにしました
会ったこともない億万長者の子どもを産んだ女性が養育費2億円をゲット、その驚きの方法とは?
アメリカの裁判所が28歳の億万長者の男性に対し、40歳の元ホテル勤務の清掃員である女性に「子どもの養育費」として200万ドル(約2億1810万円)の支払いを命じました。男性との間にもうけた子どもの母親として裁判の公聴会に出席した女性は、男性とセックスしことがないと公言すると共に、男性の子どもを出産した経緯を赤裸々に語っ

このニュースの要約

公聴会に出席したジェーンさんは、「明細書とコンドームを目にした時、大金持ちとの間に優秀な子どもができればどんなにいいかと思いました」と語ると共に、清掃作業中に使用済みコンドームに入った精液を自分の膣に流し込んだことを明らかにしました。

その後男の子を出産したジェーンさんは、子どもに宿泊客の男性にちなんだ名前を付けたとのこと。そして子どもを産んでから3年後に、男性を相手に父親としての責任を追及する裁判を起こしました。裁判では男の子の父子鑑定が行われましたが、その結果は「男の子の生物学的な父親は、確かに宿泊客の男性である」というもの。

このニュースに対するみんなの反応

コメント