チェコ代表FWが犠牲に…トルコ1部クラブの居眠り運転による事故が波紋

海外スポーツ
By: Hajime NAKANO
  • トルコ1部リーグのアランヤスポルの選手たち7人を乗せた車が居眠り運転による事故を起こした
  • 乗車していた28歳のチェコ代表FWヨセフ・シュラルが死去する悲劇となった
  • クラブ公式ツイッターやチェコサッカー協会公式サイト、トルコメディアなどが伝えている

このニュースの要約

アランヤスポルは現地時間29日に公式アカウントでツイートを投稿。  「カイセリでのアウェイゲームからの帰路、我々の選手7人を乗せたプライベート小型バスが深刻な事故を起こし、病院でのあらゆる処置の甲斐なくヨセフ・シュラルが死去した」と述べた。 小型バスで帰途に就いた選手にはシュラルのほか、元イングランド代表のDFスティーブン・コーカーやセネガル代表のFWパピス・シセらも含まれていた。だがアランヤ中心部まであと5kmほどの地点で事故が発生したとのことだ。

このニュースに対するみんなの反応

コメント