”ボクシングもどき”にプロボクシング界が怒りの声明表明…ネットの声は

天心VS亀田など”ボクシングもどき”が続く状況を危惧しプロボクシング界がついに怒りの声明表明へ スポーツニュース
  • 日本プロボクシング協会が”ボクシングもどき”のイベントを連発に危機感
  • 「これ以上看過できない」と一線を引くための共同声明を出す方針
  • 那須川天心と亀田興毅氏のボクシングルールによる対戦が22日に行われる
天心VS亀田など”ボクシングもどき”が続く状況を危惧しプロボクシング界がついに怒りの声明表明へ(THE PAGE) - Yahoo!ニュース
 JBC(日本ボクシングコミッション)とプロジムのオーナーによる団体の日本プロボクシング協会が、格闘技界や一部ネットテレビが、無許可で目に余る”ボクシングもどき”のイベントを連発させていることに関し

このニュースの要約

AbemaTVの番組企画として天才キックボクサー、那須川天心(20)とボクシングの元3階級王者、亀田興毅氏(32)のボクシングルールによる対戦が22日に行われるが、これも国内のボクシングを統括しているJBCに無許可の”ボクシングもどき”イベント。
大晦日に「RIZIN.14」で行われた元5階級王者のフロイド・メイウェザー(42、米国)対天心のボクシングルールによるエキシビジションマッチなど、ボクシングを食い物にするような”もどきイベント”に歯止めが利かなくなっているため、ボクシングのイメージダウンを危惧するプロボクシング界が、ついに沈黙を破って立ち上がるものだ。

このニュースに対するみんなの反応

コメント