貴源治インフルエンザに感染も協会関係者の指示で冬巡業で相撲…みんなの反応は

スポーツニュース
  • 大相撲の十両・貴源治が、インフルエンザに感染しているにもかかわらず冬巡業の取組で相撲を取っていた
  • 巡業先の病院でインフルエンザA型と診断されたが、日本相撲協会関係者に取組を行うよう指示されたという
  • 今回の巡業では力士に感染者が続出しているが、その中で明らかになった日本相撲協会の対応に非難の声が
貴源治 冬巡業でインフル申告も協会関係者が取組を指示 感染拡大の恐れあり「あり得ない」 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ
 大相撲の十両・貴源治(22=千賀ノ浦部屋)が、インフルエンザに感染しているにもかかわらず冬巡業の取組で相撲を取っていたことが22日までに、分かった。11日に佐賀県佐賀市で行われた巡業先の病院でインフルエンザA型と診断されたが、日本相撲協会関係者に取組を行うよう指示されたという。今回の巡業では力士に感染者が続出している

このニュースに対するみんなの反応

コメント