JRAが禁止薬物検出で152頭出走取消…前代未聞の処置に競馬会に激震

JRA大激震 禁止薬物検出で152頭出走取消 競馬 スポーツニュース
By: ugo3ugo32001
  • JRA(日本中央競馬会)は14日、15日と16日に出走予定だった152頭を出走取り消しに
  • 摂取したとみられる飼料から禁止薬物「テオブロミン」が検出されたという
  • 公正確保のための苦渋の決断だが、152頭もの出走取り消しの衝撃は計り知れない
表示できません - Yahoo!ニュース

このニュースの要約

競走馬に与えるカイバに混ぜるサプリメント「グリーンカル」から禁止薬物「テオブロミン(カカオやチョコレートに入っているカフェイン)」が検出されたことが競走馬理化学研究所の調査で判明。
15日の開催では約70頭、16日は約80頭、合計152頭が出走取り消しに追い込まれることが明らかになった。
15日午前6時半、JRAは公式ホームページで出走取り消し馬の発表を行う。

このニュースに対するみんなの反応

コメント