文句を言っているのは部外者たち…東京マラソン参加費返しにみんなの反応は

スポーツニュース
By: Kentaro Ohno
  • 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、エリート選手のみで実施することが発表
  • 取りやめによる参加料の返金はなく、来年の出走権が与えられるが、再度、参加料が必要になる
  • 本番に向けてトレーニングを重ねてきた一般ランナーたちは、複雑な思いものぞかせた
「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず - 毎日新聞
 東京都内で3月1日に開かれる東京マラソン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて主催財団から17日、一般参加者の出場を取りやめ、エリート選手のみで実施することが発表された。約3万8000人が出場予定だったが、200人規模に縮小する見通し。取りやめによる参加料の返金はなく、来年の出走権が与え

このニュースの要約

東京都調布市の会社員、今井茂雄さん(41)は落胆の色を隠さなかった。9回目の応募でようやく得た出走権。体力づくりのため職場と自宅の往復23キロを自転車で通勤し、大会当日の仕事も同僚に代わってもらった。妻や友人らが応援に駆けつけてくれる予定だった。「参加費やチャリティーの使い道はどうなるのかを知りたい」と注文をつけた。

このニュースに対するみんなの反応

コメント