日本代表 三好康児がウルグアイ代表から2発で2-2ドロー…ネットの評価は

三好康児が優勝候補ウルグアイ代表から2発で2-2ドロー サッカー
  • コパ・アメリカ2019・グループC組第2節でウルグアイ代表と対戦
  • 試合が現地時間20日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わっている
  • 試合は2-2の引き分けに終わり、日本は勝ち点1を上積みした

このニュースの要約

試合開始して3分、三好康児がゴール前に折り返したボールに岡崎慎司が合わすもシュートはゴール右に外れた。それでも25分、柴崎のサイドチェンジから三好がドリブルでゴール前まで仕掛け、自らシュートを放って先制点を決める。

しかし32分、ペナルティーエリア内で植田直通がファールを犯したとして、主審がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を確認した上でウルグアイにPKので失点。59分、ウルグアイのGKフェルナンド・ムスレラが弾いたボールを三好が押し込み再び勝ち越しに成功。

だが66分、コーナーキックからホセ・ヒメネスにヘディングシュートを決められ、またもウルグアイに追いつかれてしまう。結局、試合は2-2の引き分けに終わり、日本は勝ち点1を上積みした。

このニュースに対するみんなの反応

コメント