暴行反省も実質的に引退はせず…暴行問題の貴ノ富士会見にみんなの反応は

日本相撲協会・貴ノ富士に自主引退促す決議も本人は徹底抗戦…みんなの反応は スポーツニュース
  • 秋場所前に暴行問題を起こし、日本相撲協会から自主的な引退を促されている十両・貴ノ富士
  • 27日、都内で代理人を務める弁護士同席のもと、会見を行った
  • 「自らの身を戒め、土俵に戻って、相撲道に精進したいと思っています」と頭を下げた

このニュースの要約

貴ノ富士は会見冒頭、「昨日、私は公益財団法人日本相撲協会から実質的に引退を勧告するという処分を言い渡されました。処分のもととなった暴行について深く反省しています。親方から若い衆の指導を任されている中で、言葉で指導できず、手を出してしまいました。今後、機会を頂ければ、被害を受けた付け人のご実家に伺い、直接謝罪したいと思っています。また、差別的な発言についても処分の対象となりました。若い衆や他の皆様に不快な思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っています」とこれまでの経緯と共に謝罪の言葉を口に。「これまで育ててくださった相撲協会、千賀ノ浦親方には本当に感謝しています。またこのようなご迷惑をおかけし、本当に申し訳ありません」とした。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/mikoPapamush/status/1177451427465023490

コメント