野球U18永田裕治監督サイン盗み指示も選手拒絶で未遂に…みんなの反応は

侍U18日本が豪州に敗れ5位でメダル獲得逃す…ネットでは落胆の声 スポーツニュース
  • U-18W杯(8月30-9月8日=韓国・機張)で5位と惨敗した高校日本代表
  • 永田裕治監督(55)=前報徳学園監督=が、試合中に“サイン盗み”を指示していた
  • 「永田監督から『走者として二塁に行ったら打者にサインを送れ』と指示された」と明かされた
スクープ! U18永田監督、サイン盗み指示していた 最終の豪州戦、選手拒絶で未遂に
U-18W杯(8月30-9月8日=韓国・機張)で5位と惨敗した高校日本代表。采配への批判も大きかった永田裕治監督(55)=前報徳学園監督=が、試合中に“サイン盗…

このニュースの要約

U-18W杯(8月30-9月8日=韓国・機張)で5位と惨敗した高校日本代表。采配への批判も大きかった永田裕治監督(55)=前報徳学園監督=が、試合中に“サイン盗み”を指示していたことが明らかになった。

 高校球界関係者によると、サイン盗みの指示があったのは、日本の最後の試合となった2次リーグ・豪州戦(7日)。同関係者は複数の代表選手から「永田監督から『走者として二塁に行ったら打者にサインを送れ』と指示された」と明かされたという。

 走者やベースコーチが、捕手のサインや構えを見て打者に球種やコースを伝える行為は、スポーツマンシップに反するとされ、日本の高校野球では1998年から禁止され、疑いがあれば審判団が当該選手やベンチに注意を与えている。プロ野球でもセ、パ両リーグがアグリーメントで明確に禁じている。

このニュースに対するみんなの反応

コメント