英語ができなきゃ代表に選ばない…日本フェンシング協会の決定が波紋

太田雄貴 スポーツニュース
  • 日本フェンシング協会は英語力が一定の基準に達しない場合は、実力が上位であっても代表に選ばないことを決めた
  • 日本フェンシング協会の太田雄貴会長が、都内で会見を開いて明らかにした
  • 協会はベネッセコーポレーションと提携して国内のトップ選手を対象に英語の教育を無料で受けるようにする

このニュースの要約

再来年からは、代表選手の選考に年に1回の試験を導入し、一定の基準に達しない場合は、実力が上位であっても代表に選ばないことを決めた。

協会は、選手たちが英語を学ぶことでほかの国の選手や審判とコミュニケーションを取れるほか、現役を終えたあとにも、職業の選択肢が広がるといったメリットがあるとしています。

このニュースに対するみんなの反応

コメント