「麻薬の売人以下」は京アニのことではない…純丘曜彰・大阪芸大教授が反論

京アニを「麻薬の売人以下」と表現…大阪芸術大学の純丘曜彰教授に批判の声 トレンドニュース
  • アニメ制作会社「京都アニメーション」放火殺人事件を受けて寄せたコラム記事が物議を醸している純丘曜彰
  • 批判を集めた「麻薬の売人以下」との表現について、「これは京アニのことではない」と反論
  • アニメが研究対象でもある純丘氏は、放火事件を「心の底から悲しんでいる」と心境を明かす

このニュースの要約

ニメ制作会社「京都アニメーション」放火殺人事件を受けて寄せたコラム記事が物議を醸している純丘曜彰(すみおか・てるあき)大阪芸術大学教授が2019年7月26日、J-CASTニュースの取材に応じ、コラムで京アニのことを指したものだとしてインターネット上の批判を集めた「麻薬の売人以下」との表現について、「これは京アニのことではない」と反論した。

京アニ作品に限らず長年のアニメファンであり、アニメが研究対象でもある純丘氏は、放火事件を「心の底から悲しんでいる」と心境を明かす。ただ、自身が書いた記事については「文章が下手で申し訳なかった。誤解されるだろうと思う」と反省を口にした。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/ore02744/status/1155126694144987143

コメント