ブラック企業大賞に新入社員ら自死で2年連続「三菱電機」…みんなの反応は

トレンドニュース
  • 過労死や長時間労働、パワハラなどが問題視されている企業を集めた「ブラック企業大賞2019」
  • 大賞にはグループで複数の過労自死など、労災事案が相次いでいる三菱電機が2年連続で選ばれた
  • 委員会側は「あまりに異常なことが起こっていると言わざるをえない」としている
ブラック企業大賞に「三菱電機」新入社員ら自死で2年連続「異常なことが起こっている」
KDDI、セブン-イレブン・ジャパン、電通、ロピア、長崎市、トヨタ自動車、三菱電機、吉本興業、楽天がノミネートされた。

このニュースの要約

大賞にはグループで複数の過労自死など、労災事案が相次いでいる三菱電機が2年連続で選ばれた。委員会側は「あまりに異常なことが起こっていると言わざるをえない」としている。

また、ウェブ投票賞にはパワハラによる労災認定があった楽天(計1万304票)が、特別賞には過去に大賞を受賞した電通とセブン-イレブン・ジャパンが、また新設された「#MeToo賞」には市幹部による女性記者への性暴力があったとされる長崎市が選ばれた。

このニュースに対するみんなの反応

コメント