35人死亡、18人不明…台風19号被害の実情がトンデモなかった

トレンドニュース
  • 台風19号が12日夜から13日未明にかけて東日本を通過し、広範囲で大雨に見舞われた
  • 14日午前0時現在、10県で35人が死亡、6県で18人が行方不明となっている
  • 警察などが懸命の救出作業を進めている。水が引いていない場所があり、被害の全容は分かっていない

このニュースの要約

国土交通省によると、崖崩れなどの土砂災害が15都県で56件発生。千曲川(長野県)など6県の21河川24カ所の堤防で決壊が確認された。福島県鏡石町によると、町内を流れる阿武隈川の堤防が決壊し、住宅地が多数浸水している。多摩川(東京都)など水が堤防を越えた川も相次いだ。

 自治体や警察などへの取材をまとめた毎日新聞の集計では神奈川9人、宮城、福島各6人、群馬、栃木各4人、埼玉2人のほか、岩手、茨城、長野、千葉でそれぞれ1人が死亡した。

このニュースに対するみんなの反応

コメント