スーパー中学生誕生…独自プログラミング言語「Blawn」にみんなの反応は

トレンドニュース
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 東京の秋葉原で開催された第40回「U-22プログラミング・コンテスト2019」
  • 経済産業大臣賞(総合)を受賞した開成中学校3年の上原直人さん(15歳)
  • 独自プログラミング言語「Blawn」を発表した。完成まで一人で仕上げたという
スーパー中学生誕生、プログラミング言語わずか数週間で開発、U-22プログラミング・コンテスト2019 - BCN+R
「もっと人間にとって扱いやすい、自分の言語をつくってみたかった」。10月20日に東京の秋葉原コンベンションホールで開催された第40回「U-22プログラミング・コンテスト2019」の最終審査会で、見事、経済産業大臣賞(総合)を受賞した開成中学校3年の上原直人さん(15歳)は、独自プログラミング言語「Blawn」を発表した

このニュースの要約

 「もっと人間にとって扱いやすい、自分の言語をつくってみたかった」。10月20日に東京の秋葉原コンベンションホールで開催された第40回「U-22プログラミング・コンテスト2019」の最終審査会で、見事、経済産業大臣賞(総合)を受賞した開成中学校3年の上原直人さん(15歳)は、独自プログラミング言語「Blawn」を発表した。IT業界の経営者など、並みいる審査員を驚かせたのは、完成度の高さはもちろんのこと、今年8月からわずか数週間で完成させたスピードだった。一次審査の応募期間7月1日~9月2日に着想から開発、完成まで一人で仕上げたという。

このニュースに対するみんなの反応

コメント