せき止めの乱用が10代で急増し厚労省が薬物依存調査…みんなの反応は

トレンドニュース
By: gtknj
  • 精神科で治療を受けた10代患者の4割以上が、せき止め薬や風邪薬などの市販薬を乱用
  • 14年の調査では1人もおらず、近年急増していることを示した
  • 若者が、一時的に意欲を高めるために市販薬を乱用するケースが多いという
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000102-kyodonews-soci

このニュースの要約

「消えたい」「死にたい」などと考え、生きづらさを抱えた若者が、一時的に意欲を高めるために市販薬を乱用するケースが多いという。せき止め薬は安価で簡単に入手できる上、中枢神経興奮薬と抑制薬の両方の成分が含まれ、インターネットで「多幸感が得られる」といった情報が出ていることが背景にあるとみられる。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/yamate_yokohama/status/1173374521295785984


https://twitter.com/m5b5/status/1173364526000984064

コメント