失明状態の女性が視力回復…iPS細胞角膜移植にみんなの反応は

トレンドニュース
By: Sonny Abesamis
  • 大阪大がiPS細胞角膜移植で失明状態の女性が視力回復
  • 角膜上皮幹細胞疲弊症の患者に、iPS細胞から作った角膜シートを移植
  • 今のところ拒絶反応はなく、移植後、失明状態だった視力は回復しているという
失明状態の女性が視力回復! 大阪大がiPS細胞角膜移植
 大阪大学眼科の西田幸二教授らのグループは先月、角膜の表面が傷つき失明状態にある角膜上皮幹細胞疲弊症の患者に、iPS細胞から作った角膜シートを移植し、先週、退院したと発表しました。  角膜シートは、京都大学から提供された他人のiPS細胞を培養して作られたもので、患者の女性は今のところ拒絶反応はなく、移植後、失明状態だっ

このニュースの要約

大阪大学眼科の西田幸二教授らのグループは先月、角膜の表面が傷つき失明状態にある角膜上皮幹細胞疲弊症の患者に、iPS細胞から作った角膜シートを移植し、先週、退院したと発表しました。

 角膜シートは、京都大学から提供された他人のiPS細胞を培養して作られたもので、患者の女性は今のところ拒絶反応はなく、移植後、失明状態だった視力は回復しているということです。

このニュースに対するみんなの反応

コメント