「東京タピオカランド」相次ぐ不満で改善へ…みんなの反応は

東京タピオカランド ひどい トレンドニュース
  • 東京・原宿で開催しているフードイベント「東京タピオカランド」
  • 施設を運営する企業が「業務改善」を求めていたことが分かった
  • 同イベントをめぐっては、SNS上で不満が多数書き込まれていた

このニュースの要約

東京タピオカランドは、複数のタピオカ店を集めて開催されているイベントで、2019年8月13日~9月16日の期間限定で実施している。入場料は前売り1000円、当日1200円。

会場は、電通とサニーサイドアップ(SSU)が共同運営する商業施設「jing(ジング)」内に構え、タピオカ店のほか、フォトブースの設置やグッズの販売をしている。

この記事に反応したのが、SSUの次原悦子社長だ。ニュースサイト「NewsPicks」上で、「今回のタピオカのイベントは、あくまでもテナントとしてスペースを貸しているだけで、運営自体には一切関係ありません」などと抗議し、「企画運営会社には強く業務改善を伝えています!」とも明かした。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/Disny_Q/status/1161880785462280193

コメント