三重県沖の深発地震で異常震域地震の規模はM6.5…みんなの反応は

三重県沖の深発地震で異常震域地震の規模はM6.5…みんなの反応は トレンドニュース
  • 7月28日(日)3時31分頃、東北から関東の広範囲で震度3以上の揺れを観測
  • 震源は遠く離れた三重県南東沖で、地震の規模はM6.5です
  • 今回の震源の深さは速報値で約420kmとかなり深く、別系統の地震
三重県沖の深発地震で異常震域 南海トラフ巨大地震とは別系統(2019年7月28日)|BIGLOBEニュース
2019/07/2808:22ウェザーニュース7月28日(日)3時31分頃、東北から関東の広範囲で震度3以上の揺れを観測する地震がありました。震源は遠く離れた三重県南東沖で、…|BIGLOBEニュース

このニュースの要約

今回の地震は非常に深い所で発生する「深発地震」と呼ばれるものです。震源に近い東海や近畿で最大でも震度1程度となっている一方、関東や東北に強い揺れが到達しました。地震波が伝わりやすい太平洋プレートに近い地域が大きく揺れる「異常震域」と呼ばれる現象です。

三重県南東沖で今回のような大きな深発地震が発生するのは、2003年の11月12日以来です。

また、1984年1月1日にはM7.0の地震が発生し、東京都千代田区や横浜市で震度4を観測しました。こうした地震は津波の発生こそないものの、大きな揺れを伴うことがあるため、注意が必要です。

このニュースに対するみんなの反応

コメント