震度6弱以上 各地のリスクをチェック…「地震動予測地図」が話題に

震度6弱以上 各地のリスクをチェック…「地震動予測地図」が話題に トレンドニュース
  • 政府は今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を示した予測地図を公表
  • 自分の住む地域のリスクを把握し、防災対策を取ることが重要
  • 震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率が高い場所ほど「濃い赤色」になっている
地震動予測地図 震度6弱以上 各地のリスク|日本列島 どこで何が起きるのか|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB
今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を示した全国の予測地図です。

このニュースの要約

予測地図では今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率が高い場所ほど「濃い赤色」で、相対的に低い場所を「黄色」で示しています。
巨大地震が想定されている「千島海溝」や「南海トラフ」沿いの太平洋側、首都直下地震が想定されている関東などで確率が高くなっています。

このニュースに対するみんなの反応

コメント