コンゴに滞在していた埼玉県の女性がエボラ出血熱の疑い…ネットの反応は

トレンドニュース
By: OIST
  • アフリカ中部のコンゴ民主共和国に滞在していた埼玉県の70代の女性が、帰国後、発熱の症状を訴えた
  • 厚生労働省は念のためエボラ出血熱に感染していないかどうか確認する検査を行っている
  • 女性は、現地でエボラ出血熱の患者とは接触していないと話している
帰国後発熱 念のためエボラ検査|NHK 首都圏のニュース
先月、アフリカ中部のコンゴ民主共和国に滞在していた埼玉県の70代の女性が、帰国後、発熱の症状を訴え、厚生労働省は念のためエボラ出血熱に感染…

このニュースの要約

厚生労働省によりますと、アフリカ中部のコンゴ民主共和国に先月30日まで滞在していた埼玉県の70代の女性が、3日、38度以上の発熱があり、都内の医療機関に入院しました。
女性は仕事でコンゴ民主共和国に滞在し、エボラ出血熱が流行している地域にもいたということですが、現地でエボラ出血熱の患者とは接触していないと話しているということです。
厚生労働省は念のため、女性がエボラ出血熱に感染していないかどうか確認するため、採取した血液を東京・武蔵村山市の国立感染症研究所に送り、検査を行っています。

このニュースに対するみんなの反応

コメント