台風で身近な河川が氾濫する事態に…「国頼みの防災」について様々な意見

トレンドニュース
  • 首都を含む多くの都県に「特別警報」が発令され、身近な河川が氾濫する事態に
  • 頻発する災害は行政が主導してきた防災対策の限界を示し、市民や企業に発想の転換を迫る
  • Twitterでは「国頼みの防災」について様々な意見が出ています
「もう堤防には頼れない」 国頼みの防災から転換を(写真=共同)
首都を含む多くの都県に「特別警報」が発令され、身近な河川が氾濫する事態を「自分の身に起きうること」と予期していた市民は、どれほどいただろうか。近年、頻発する災害は行政が主導してきた防災対策の限界を示し、市民や企業に発想の転換を迫っている。2011年の東日本大震災は津波で多数の死傷者を出し、防潮堤などハードに頼る対策の限

このニュースに対するみんなの反応

コメント