“堂々と生きて“と願う母が素晴らしい…「アルビノ」の少女にネットの声は

“堂々と生きて“と願う母が素晴らしい…「アルビノ」の少女にネットの声は トレンドニュース
  • 生まれつき皮膚や髪の毛が白い人たちのことを「アルビノ」という
  • アルビノは遺伝子の変異によって約2万人に1人に起きるという
  • そんなアルビノとして生まれた少女に密着しました

このニュースの要約

元気よく走っている関口真依さん(10)、彼女は「アルビノ」で生まれつき皮膚は白く、髪の毛は金髪です。先天的に全身のメラニン色素を十分につくることが出来ないためです。

また、瞳の色素が薄いため、目に入る光の量をコントロールをできず、常にまぶしい状態が続きます。視野は狭く、ぼやけて、光を強く感じるといい、このため大好きなゲームをする時もカーテンで日光を遮り、テレビ画面にすごく近づかないと見えないのです。家の中が薄暗いのは真依さんにとって快適な環境を作るためです。

両親は少しずつアルビノの情報を集め、手探りながらも真依さんを育ててきました。真依さんは小学5年生、今は地元の学校に通っています。

このニュースに対するみんなの反応

コメント