WHOが国際疾病として正式に認定…「ゲーム障害」にネットの声は

トレンドニュース
By: hageatama
  • 世界保健機関(WHO)が「ゲーム障害」を国際疾病として正式に認定
  • スマホなどの普及でゲーム依存の問題が深刻化し、健康を害する懸念は強まっている
  • ギャンブル依存症などと同じ精神疾患と位置付け、治療研究や世界の患者数の把握を後押し
ゲーム依存は病気 WHO、国際疾病の新基準(写真=ロイター)
【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)は25日、ゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を国際疾病として正式に認定した。スマートフォンなどの普及でゲーム依存の問題が深刻化し、健康を害する懸念は強まっている。ギャンブル依存症などと同じ精神疾患と位置付け、治療研究や世界の患者数の把握を後押しする。20

このニュースの要約

WHOは18年に病気の名称や症状を示す「国際疾病分類(ICD)」の最新版にゲーム障害を追加した。
スイス・ジュネーブで開催している年次総会で25日に承認した。ICDは世界の医療機関や保険会社が疾病のガイドラインとして参照している。

WHOによると、(1)ゲームをする時間や頻度を自ら制御できない(2)ゲームを最優先する(3)問題が起きているのに続ける――などといった状態が12カ月以上続き、社会生活に重大な支障が出ている場合にゲーム障害と診断される可能性がある。
ゲーム障害になると、朝起きられない、物や人にあたるなどといった問題が現れるとされる。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/natsuno1009/status/1143424834904264704

コメント