やっとこの日が来た…31年ぶりに再開された商業捕鯨にネットの反応は

グルメ
By: ume-y
  • 商業捕鯨のうち、沿岸での捕鯨は北海道の釧路港を拠点に行われた
  • 仲買人が、並べられた肉の品質を見極めながら次々に競り落とした
エラー|NHK NEWS WEB

このニュースの要約

商業捕鯨のうち、沿岸での捕鯨は北海道の釧路港を拠点に行われ、和歌山県太地町の漁協が所有する捕鯨船「第七勝丸」も参加しています。

第七勝丸が水揚げしたミンククジラの肉の一部、66キロが太地町に届き、4日、漁協のそばにある施設で午前8時から競りが始まると、およそ10人の仲買人が、並べられた肉の品質を見極めながら次々に競り落としていきました。

仲買人の1人は「やっとこの日が来たかという感じです。商業捕鯨では血抜きなどの処理が素早くできるので、これまでの調査捕鯨の肉に比べて新鮮でおいしい。太地に行けば、いつでもおいしい鯨が食べられるようにしたい」と話していました。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/omom000/status/1146709234123300865


https://twitter.com/x00z00z00x/status/1146686295697059841

コメント