流行中のタピオカはヤクザの資金源!?…驚愕の事実にネットの反応は

トレンドニュース
By: Tatsuo Yamashita
  • 最近、台湾発祥の「タピオカドリンク」が大ブーム
  • カップ底に沈む黒いタピオカが暴力団にとって“黒い真珠”に化けている
  • 1店舗で月に80万~100万円ほどの利益をあげているようだ
タピオカがヤクザの資金源に 「こんなに楽な商売はない」(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース
台湾発祥の「タピオカドリンク」が大ブームだ。繁華街を歩けば若者がカラフルなドリン - Yahoo!ニュース(NEWS ポストセブン)

このニュースの要約

タピオカはネットを使い、海外から調達しているらしい。主力商品のミルクティーは、最初、格安スーパーのプライベートブランドを使っていたという。

「ミルクティー1杯15円程度の原価だ。いまは大ブームで、どこも激戦区なので、ちゃんとした茶葉を買い、ミルクを注いで、それなりの手間をかけるようになったので原価は30~40円。飲み物代よりタピオカが安いから、うちも“タピオカ増量無料”をアピールしている。客の9割は増量を選ぶし、店は茶葉やミルクの節約になって一石二鳥、売り値は1杯約500円だからストローや容器代を入れても原価は1割ほど。飲食店の平均原価は3割なので、タピオカは優等生だ」

肝心の儲けだが、2人の話を総合すると1店舗で月に80万~100万円ほどの利益をあげているようだ。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/negisyonen/status/1140537467126214656

コメント