少女像作品めぐり抗議が殺到…「表現の不自由展」中止にみんなの反応は

昭和天皇の御影を焼き慰安婦像も…津田大介「あいちトリエンナーレ2019」が大炎上 トレンドニュース
  • 愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)
  • 実行委員会は3日、企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決めた
  • 慰安婦を表現した少女像など、各地の美術館から撤去されるなどした二十数点を展示していた

このニュースの要約

愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の実行委員会は3日、企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決めた。慰安婦を表現した少女像など、各地の美術館から撤去されるなどした二十数点を展示しているが、抗議の電話が殺到するなどしていた。

このニュースに対するみんなの反応

コメント

  1. これは、単なるヘイト。この様な物には、公金を絶対使用してはならない。これがまかり通るのであれば、右翼の街宣車にも公金を投入してよい事になる。左翼の街宣なら良くて、右翼の街宣はダメとしてはならないだろう。大村知事を初めとする左翼人材の知能の低さに愕然とするばかりである。