職員を「生徒」として潜入調査…ネットではJASRACに非難の渦

職員を「生徒」として潜入調査…ネットではJASRACに非難の渦 トレンドニュース
By: Yasuhiko Ito
  • 音楽教室での演奏から著作権料を徴収しようとしているJASRAC
  • 職員を約2年間にわたって「生徒」として教室に通わせ、潜入調査していた
  • 9日には、両者の間で続く訴訟にこの職員が証人として出廷する予定だ
表示できません - Yahoo!ニュース

このニュースの要約

音楽教室での演奏から著作権料を徴収しようとしている日本音楽著作権協会(JASRAC)が、職員を約2年間にわたって「生徒」として教室に通わせ、潜入調査していたことが分かった。

陳述書によると、レッスンでは講師の模範演奏と生徒の演奏が交互に行われた。
JASRACが著作権を管理する「美女と野獣」を講師が演奏した際は、ヤマハが用意した伴奏とともに弾いたため、「とても豪華に聞こえ、まるで演奏会の会場にいるような雰囲気を体感しました」と主張している。

このニュースに対するみんなの反応

コメント